薬剤部の研究

TOP > 薬剤部の研究 >  業績 >  講演・学会発表

業績

 

2019年

山口浩明、髙﨑新也、菊地正史、川崎芳英、伊藤明宏、眞野成康
経口がん分子標的薬の個別化投与設計に向けた取り組み
日本薬剤学会第34年会(富山), 2019.5.16-18 (発表: 2019.5.16).

小原拓
妊娠中の糖尿病治療薬の使用と 児の奇形・発育・発達との関連に関する研究
公益財団法人神澤医学研究振興財団 第21回講演会(東京), 2019.6.7.

小原拓
シンポジウム11 周産期領域における認定・専門薬剤師拡充を図るために「多忙な日常業務と学会発表・論文作成を両立させる方法 ~周産期領域の具体的な事例を交えて~」
日本病院薬剤師会 東北ブロック 第9回学術大会(秋田), 2019.6.1-2 (発表:2019.6.2).

小原拓
シンポジウム9 院内における副作用の収集・管理・報告の実践「薬剤師が自発報告すべき 副作用の基準と手順の明確化と報告の質向上に向けて」
日本病院薬剤師会 東北ブロック 第9回学術大会(秋田), 2019.6.1-2 (発表:2019.6.1).

小原拓
シンポジウム5 がん医療における安全対策の実践 ~副作用報告・RMP・JADERを活用した薬剤師による安全性監視活動~ 薬剤師が遵守すべき医薬品・医療機器等安全性情報報告制度に関する新ガイダンスについて
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019(札幌), 2019.3.23-24 (発表:2019.3.23).

小原拓
妊娠可能期の女性への妊孕性温存を考慮した情報提供
東北大学病院薬剤部周産期セミナー(仙台), 2019.3.13.

松崎 芙実子
周産期病棟における薬剤師業務
東北大学病院薬剤部周産期セミナー(仙台), 2019.3.13.

松崎芙実子、細野萌子、小山美菜、鈴木智尋、佐藤祐司、梶谷かおり、佐藤信一、埴田卓志、 小原拓、眞野成康
NICU・GCUにおける薬剤師の関わり
第21回新生児呼吸療法・モニタリングフォーラム(大町), 2019.2.14-16 (発表:2019.2.14).

小原拓、 栗山進一
小中学生におけるアトピー性皮膚炎の有病・重症度と精神的健康問題との関連
平成30年度脳とこころの研究 第四回公開シンポジウム(東京), 2019.3.2.

山口浩明、髙﨑新也、菊地正史、川崎芳英、荒井陽一、眞野成康
スニチニブのTDM普及に向けて
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019(札幌), 2019.3.23-24 (発表: 2019.3.24)

pageup

2018年

土屋 雅美
医薬品情報データベースを用いて薬剤師によるファーマコビジランスを評価する
日本病院薬剤師会 東北ブロック第8回学術大会(盛岡), 2018.5.19-20 (発表: 2018 .5.19).

土屋 雅美
医薬品副作用データベースを薬剤師業務に生かすには –JADERを例に–
第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会(鈴鹿), 2018.6.30-7.1 (発表: 2018.6.30).

八島一史
DI室における授乳プランシートを用いた妊婦・授乳婦の支援
東北大学病院薬剤部周産期セミナー(仙台), 2018.2.16.

小原拓
DOHaD仮説に基づく周産期薬剤疫学研究の実践
日本DOHaD学会疫学セミナー第9回例会(東京), 2018.12.22.

小原拓
シンポジウム32  「薬剤師に求められる医薬品安全性情報の創出」-薬剤師による医薬品安全性情報の創出-
第28回日本医療薬学会年会(神戸), 2018.11.23-25 (発表:2018.11.24).

小原拓
「ビッグデータを活用した医薬品情報研究」医療におけるビッグデータとは.
平成30年度第2回JASDIフォーラム(東京), 2018.11.17.

小原拓
特別企画シンポジウム1  AMED眞野班ジョイントシンポジウム「近未来の副作用報告を語る」 適切な副作用自発報告の推進
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(米子), 2018.11.10-11 (発表:2018.11.10).

小原拓
医薬品・医療機器等安全性情報報告制度に基づく自発報告の推進
秋田県病院薬剤師会平成30年度第一回薬剤業務研修会(秋田), 2018.9.8.

小原拓
ワークショップ1:適切な副作用自発報告とは?
日本病院薬剤師会関東ブロック第48回学術大会(宇都宮), 2018.8.25-26 (発表:2018.8.25).

小原拓
研究テーマ・方法は人それぞれ -様々な研究の形を事例交えて-
平成30年度宮城県病院薬剤師会中小病診療養・精神科院委員会合同研修会(仙台), 2018.8.4.

小原拓
シンポジウム4  医薬品安全性情報報告の基準と手順を考える「医薬品・医療機器等安全性情報報告制度を活用するために」
第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会(三重), 2018.6.30-7.1 (発表:2018.6.30).

小原拓
シンポジウム14  医療ビッグデータの活用に向けたバリデーション研究への期待「周産期薬剤疫学研究のためのバリデーション研究
医療薬学フォーラム2018第26回クリニカルファーマーシーシンポジウム(東京), 2018.6.23-24 (発表:2018.6.24).

小原拓
求められる副作用自発報告とは?~地域支援体制加算における医療実績に資する体制・取り組みにむけて~
平成30年5月度MRI研修会(大阪), 2018.5.12.

小原拓
当院における授乳と薬に関する資料開示の試み
東北大学病院薬剤部周産期セミナー(仙台), 2018.2.16.

小原拓
薬薬連携に基づく医薬品・医療機器等安全性情報報告制度への対応
東北大学病院薬剤部薬薬連携セミナー(仙台), 2018.1.23.

松崎芙実子
病棟における授乳プランシートを用いた妊婦・授乳婦の支援
東北大学病院薬剤部周産期セミナー(仙台), 2018.2.16.

鈴木寿樹
東北大学病院薬剤部感染セミナー
感染症についての考え方(仙台), 2018.8.4.

木皿重樹
当院におけるがんプロトコール開示の試み
東北大学病院薬剤部薬薬連携セミナー(仙台), 2018.1.23.

鈴木博也
抗菌薬適正使用支援加算~ASTの薬剤師の立場から~
第24回東北院内感染対策研究会(仙台), 2018.10.27.

鈴木博也
治療に難渋したMRSA血流感染症の一例
第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会・第65回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会2018(東京), 2018.10.24-26 (発表: 2018.10.25).

鈴木博也
AMR成果指標の達成度―大学病院と宮城県の現状―
第17回医療薬学若手研究者セミナー(仙台), 2018.9.7.

鈴木博也、勝見真琴、青柳哲史
ケーススタディーで学ぶAntimicrobial Stewardship Team (AST)活動 ~東北大学病院における医師・薬剤師・検査技師の連携によるAST活動~
第10回J感染制御ネットワークフォーラム(仙台), 2018.9.1.

前川正充、成田綾、崎山快夫、山口浩明、眞野成康
臨床化学を基盤としたニーマンピック病C型の診断・治療への挑戦
第28回日本医療薬学会年会(神戸), 2018.11.23-25 (発表: 2018.11.24).

髙﨑新也、川崎芳英、菊地正史、田中雅樹、山口浩明、眞野成康
治療効果の最大化を目指した経口抗がん薬の治療薬物モニタリング
第43回日本医用マススペクトル学会年会(札幌), 2018.9.6-7 (発表: 2018.9.7).

菊地正史、山口浩明、眞野成康
臨床化学を基盤とした肺移植患者の個別化薬物療法構築への取り組み
第58回日本臨床化学会年次学術集会(名古屋), 2018.8.24-26.

前川正充
医用応用を指向した疾患代謝解析とバイオマーカー開発
質量分析東北セミナー(仙台), 2018.8.10.

前川正充、山口浩明、眞野成康
ニーマンピック病C型の新規尿中診断マーカーの開発
第16回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(三浦), 2018.9.3-4 (発表: 2018.9.4).

前川正充、神納勇、成田綾、山口浩明、眞野成康
尿中のニーマンピック病C型診断マーカー候補分子の一斉分析と診断性能評価
第29回日本臨床化学会東北支部総会(山形), 2018.7.21.

山口浩明、小林智徳、小原拓、赤嶺由美子、朝賀純一、芦埜和幸、大原宏司、大村雅之、
田村健悦、富岡佳久、豊口禎子、藤原洋之、細井一広、渡辺剛
東北病院薬剤師会員の学術研究に関する実態調査
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会(盛岡), 2018.5.19-20 (発表: 2018.5.20).

山口浩明、髙﨑新也、菊地正史、川崎芳英、荒井陽、眞野成康
経口分子標的薬の個別化投与設計に向けて
日本薬学会第138年会(金沢), 2018.3.25-28 (発表: 2018.3.26).

小原拓
医療におけるビッグデータとその活用
千葉県病院薬剤師会南部支部研修会「南房総臨床薬学セミナー」(鴨川), 2018.5.25.

八島一史、木皿重樹、松浦正樹、中曽根正皓、荒木勇太、細谷絵美、小林美奈子、
髙橋阿希子、赤坂和俊、久道周彦、菊地正史、佐藤真由美、山口浩明、眞野成康
がん化学療法プロトコールに関する保険薬局との情報連携
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会(盛岡), 2018.5.19-20 (発表: 2018.5.20).

大柳元、中曽根正皓、八島一史、前川麻央、前嶋隆弘、髙橋阿希子、
松浦正樹、小原拓、眞野成康
当院薬品情報室を中心としたファーマコビジランスの実例
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会(盛岡), 2018.5.19-20 (発表: 2018.5.19).

小原拓
薬剤師による情報の評価とエビデンスの創出
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会(盛岡), 2018.5.19-20 (発表: 2018.5.19).

小原拓
周産期におけるチーム医療~薬学的介入ポイントを探る~「妊娠とお薬相談外来
を介した支援の展開」
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会(盛岡), 2018.5.19-20 (発表: 2018.5.19).

八島一史
当院における授乳中の医薬品使用の安全性評価
東北周産期薬剤師研修会(盛岡), 2018.5.18.

小原拓
求められる副作用自発報告とは? ~地域支援体制加算における医療実績に
資する体制・取り組みにむけて~
一般社団法人メディカルサポートセンター研修会(大阪), 2018.5.12.

眞野成康、前川正充、山口浩明
オミクス解析を基盤とした臨床化学分析
日本薬学会第138年会(金沢), 2018.3.25-28 (発表: 2018.3.27).

前川正充
尿中抱合型コレステロール代謝物のLC/ESI-MS/MS分析による代謝異常疾患の診断マーカー探索
日本薬学会第138年会(金沢), 2018.3.25-28 (発表: 2018.3.26).

八島一史
当院における成長ホルモン製剤の運用と手技指導について
平成30年東北地区コメディカル勉強会(仙台), 2018.2.24.

小原拓
現場の薬剤師による研究の立案から論文化まで~キーワードはパターン化~
第68回東北地区国立病院薬学研究会(仙台), 2018.2.17.

髙橋阿希子
熊本地震での現地調整本部活動~日本病院薬剤師会~
日本災害医療薬剤師学会第7回学術大会(静岡), 2018.2.11-12(発表: 2018.2.12).

小原拓
妊婦における葉酸サプリメント摂取
周産期における葉酸摂取の重要性に関するシンポジウム(仙台), 2018.1.27.

小原拓、眞野成康
医療現場から報告すべき医薬品安全性情報とは?
AMED委託研究眞野班講演会(平成29年度)(仙台), 2018.1.13.

木皿重樹
内服抗がん薬におけるプロトコールの情報共有
AMED委託研究眞野班講演会(平成29年度)(仙台), 2018.1.13.

大柳元
当院薬品情報室を中心としたファーマコビジランス活動
AMED委託研究眞野班講演会(平成29年度)(仙台), 2018.1.13.

pageup

2017年

前川正充、山口浩明、眞野成康
コレステロール代謝物の疾患メタボロミクス
第57回日本臨床化学会年次学術集会(札幌), 2017.10.6-8 (発表: 2017.10.7).

前川正充
質量分析技術を基盤とした医療薬学的研究展開
平成29年度日本薬学会東北支部 第16回医療薬学若手研究者セミナー
AMED委託研究眞野研究班講演会(仙台), 2017.9.23.

前川正充
コレステロール代謝物に特化した疾患メタボロミクス
質量分析東北セミナー(仙台), 2017.8.25.

Hiroaki Yamaguchi, Hiromasa Iboshi, Hiroyuki Suzuki, Masafumi Kikuchi, Masaki Tanaka, Shinya Takasaki, Akiko Takahashi, Masamitsu Maekawa, Miki Shimada, Yasushi Matsuda, Yoshinori Okada, Nariyasu Mano
Development of a liquid chromatography tandem mass spectrometric method for quantification of mycophenolic acid and its glucuronides in dried blood spot samples
15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology(Kyoto),
2017.9.24-27(発表: 2017.9.27).

山口浩明、眞野成康
LC/MS/MSを駆使したトランスポーター機能解析
第42回日本医用マススペクトル学会年会(東京), 2017.9.14-15 (発表: 2017.9.15).

小原拓
RMP utilization for ADR reporting in the community health care setting
第14回DIA日本年会(東京), 2017.11.12-14 (発表: 2017.11.14).

土屋雅美、小原拓、眞野成康、髙村千津子
シンポジウム 33「薬剤師による医薬品安全性情報の創出」がん専門薬剤師による副作用等情報の集積とJADERの評価
第27回日本医療薬学会年会(千葉), 2017.11.3-5 (発表: 2017.11.4).

小原拓、眞野成康
シンポジウム 33「薬剤師による医薬品安全性情報の創出」医薬品・医療機器等安全性情報報告制度の運用の現状と課題
第27回日本医療薬学会年会(千葉), 2017.11.3-5 (発表: 2017.11.4).

小原拓、眞野成康
分科会7「副作用報告の推進に向けての薬・薬連携」病院における医薬品・医療機器等安全性情報報告制度への対応
第50回日本薬剤師会学術大会(東京), 2017.10.8-9 (発表: 2017.10.8).

小原拓、眞野成康
医薬品・医療機器等安全性情報報告制度と医薬品安全性情報の創出
医療薬学フォーラム2017第25回クリニカルファーマシーシンポジウム(鹿児島), 2017.7.1-2(発表:2017.7.1).

佐藤真由美、藤盛啓成、眞野成康
医療安全への薬剤師の関わり-現状と課題-
特定機能病院の医療安全管理における薬剤師の役割
日本病院薬剤師会東北ブロック第7回学術大会(弘前), 2017.6.10-11(発表: 2017.6.10).

小原拓、松浦正樹、眞野成康
大規模データを用いたTDMおよび薬物間相互作用の評価の可能性
日本病院薬剤師会東北ブロック第7回学術大会(弘前), 2017.6.10-11(発表: 2017.6.10).

小山美菜、細野萌子、松崎芙実子、八島一史、中川直人、小原拓、眞野成康
多職種連携による授乳プランシートの活用
日本病院薬剤師会東北ブロック第7回学術大会(弘前), 2017.6.10-11(発表: 2017.6.10).

前川正充、山口浩明、眞野成康
質量分析法を活用したニーマンピック病C型化学診断法の開発
日本薬学会第137年会(仙台), 2017.3.24-27(発表: 2017.3.27).

鈴木博也
東北大学病院における抗菌化学療法認定薬剤師の活動
~宮城県抗菌薬サーベイランスを中心に~
平成28年度 第2回山形県病院薬剤師会感染対策講習会(山形), 2017.3.4.

pageup

2016年

鈴木博也
東北大学病院集中治療部における認定薬剤師の役割
第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会・第63回日本化学療法学会東日本支部総会(新潟), 2016.10.26-28(発表: 2016.10.27).

小原拓
薬剤師のための統計の基礎
第3回薬研みやぎ研修会(仙台), 2016.1.31.

小原 拓
知っておくべき妊娠と薬の知識 -妊娠と薬外来の経験から-
第4回妊婦授乳婦薬物療法研修会(仙台), 2016.2.27.

小原 拓
薬剤師によるエビデンスの評価・創出のために-
第146回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会(仙台), 2016.3.6.

菊地 正史、眞野 成康
臨床研究を基盤とした最適ながん化学療法構築への取り組み
日本病院薬剤師会東北ブロック第6回学術大会(郡山), 2016.5.22.

鈴木 寿樹、眞野 成康
これから必要とされる薬剤師能力とは何か-病棟薬剤師の立場から-
第71回医薬品相互作用研究会(郡山), 2016.5.22.

前川正充、小梶哲雄、菊地正史、髙崎新也、田中雅樹、中曽根正皓、野田あおい、矢内一成、鈴木博也、赤坂和俊、木皿重樹、野村亮介、久志本成樹 、山口浩明 、眞野成康
LC/ESI-MS/MSを用いる薬毒物中毒原因物質の迅速スクリーニング
第27回日本臨床化学会東北支部総会(弘前), 2016.7.9.

小原拓、眞野成康
医薬品・医療機器等安全性情報報告制度への対応
AMED委託研究医薬品等規制調和・評価研究事業眞野研究班講演会(米子), 2016.7.16.

前川 正充
ニーマンピック病 C 型の化学診断を目的とした尿中抱合型コレステロール代謝物のLC/ESI-MS/MS
第12回東北大学学際科学フロンティア研究所セミナー(仙台), 2016.8.10.

前川正充、山口浩明、眞野成康
ニーマンピック病C型の化学診断を目的とする尿中抱合型コレステロール代謝物のLC/ESI-MS/MS分析
第29回バイオメディカル分析科学シンポジウム(京都), 2016.9.2.

髙﨑 新也
経口抗がん薬の薬物血中濃度測定の臨床的有用性
日本TDM学会第49回セミナー(仙台), 2016.9.3.

小原 拓
薬機法に基づく医薬品・医療機器等安全性情報報告制度の活用と課題
AMED委託研究医薬品等規制調和・評価研究事業眞野研究班 講演会(仙台), 2016.9.25.

眞野成康
薬機法に基づく医薬品・医療機器等安全性情報報告制度における薬剤師の役割
第 187 回鹿児島県病院薬剤師会研修会(鹿児島), 2016.9.30.

小原拓
妊婦の鉄剤・葉酸摂取と妊娠中・産後の高血圧とうつとの関連
東北大学大学院医学系研究科附属統合産婦人科学研究コアセンターシンポジウム(仙台), 2016.10.13.

菊地正史
臨床研究を基盤とした経口抗がん薬の個別化医療構築への取り組み
日本薬学会東北支部 第15回医療薬学若手研究者セミナー(仙台), 2016.10.15.

小原拓
薬機法に基づく医薬品・医療機器等安全性情報報告制度の活用にむけて
AMED委託研究医薬品等規制調和・評価研究事業眞野研究班講演会(札幌), 2016.11.3.

眞野成康
薬機法に基づく医薬品・医療機器等安全性情報報告制度の活用
AMED委託研究医薬品等規制調和・評価研究事業眞野研究班講演会(盛岡), 2016.12.18.

前川正充、山口浩明、眞野成康
フォーカスドメタボロミクスによるニーマンピック病C型の診断マーカー探索
第56回日本臨床化学会年次学術集会(熊本), 2016.12.2-4(発表:2016.12.4).

堀川美帆
あなたならどうする?-事例を通して語り合う-
第57回日本肺癌学会学術集会(福岡), 2016.12.19.

pageup

2015年

山口浩明
分離分析法を活用したTDM
第32回日本TDM学会・学術大会(松本), 2015.5.23-24.

中川直人
海外における薬剤師の医薬品情報提供・活用状況
「米国における地域医薬品情報センターの役割と標準的な医薬品情報探索資源」
第18回日本医薬品情報学会 総会・学術大会(岡山), 2015.6.27-28.

中川直人
日常業務の質の向上のために臨床試験の論文を読もう ~循環器系薬剤の論文を例に~
北見薬剤師会学術講演会(北海道), 2015.7.31.

小原 拓
小児におけるインフルエンザワクチン接種の有効性・安全性評価
日本薬学会東北支部 第14回医療薬学若手研究者セミナー(仙台), 2015.10.17.

中川 直人
東北大学病院における医薬品安全性情報の収集と管理
AMED委託研究医薬品等規制調和・評価研究事業眞野研究班講演会(仙台), 2015.12.20

小原 拓
薬剤師における副作用等報告制度の認識と実践に関する調査
AMED委託研究医薬品等規制調和・評価研究事業眞野研究班講演会(仙台), 2015.12.20

pageup

2014年

Masamitsu Maekawa
Urinary bile acids: New biomarkers for the detection of NP-C
6th Scientific Symposium on Niemann-Pick Disease Type C (NP-C) (Frankfurt, Germany), 2014.5.17-18

島田美樹、眞野成康
分子標的薬の相互作用~臨床現場からの発信~
第69回医薬品相互作用研究会シンポジウム(仙台), 2014.5.31

島田美樹、眞野成康
ソラフェニブの血中濃度モニタリング:肝細胞癌治療マネジメントの現状と課題
日本病院薬剤師会東北ブロック第4回学術大会(仙台), 2014.5.31-6.1

菊地正史、眞野成康
経口薬併用がん化学療法における地域連携への取り組み
日本病院薬剤師会東北ブロック第4回学術大会(仙台), 2014.5.31-6.1

中川直人
臨床試験の論文を読もう―古くて新しい取り組み-
第17回北海道大学薬学部生涯教育特別講座 春季講演会(札幌), 2014.6.20

山口浩明
抗がん薬の血中濃度モニタリング
第8回大隅血液セミナー(鹿屋), 2014.7.11

中川直人
病棟業務に集中できる環境を整えるために―日欧米における業務効率化、スタッフ教育、医療安全対策のアイディア―
第24回日本医療薬学会年会(名古屋), 2014.9.27-28

中川直人
東北大学病院におけるジャーナルクラブの取り組み
第24回日本医療薬学会年会(名古屋), 2014.9.27-28

木皿重樹、眞野成康
がん化学療法における地域連携への取り組み
第16回 応用薬理シンポジウム(松島), 2014.12.5-6

pageup

2013年

中川直人
薬剤師教育・業務の日米比較を踏まえた今後の展望
第38回Health care Sales Engineerセミナー, 2013.2.15

島田美樹
安全で有効な薬物療法を目指した臨床現場での取り組み
薬物代謝・分子毒性学仙台セミナー~基礎研究から創薬・臨床へ~,2013.2.16

島田美樹、眞野成康
血中濃度モニタリングを基にした分子標的薬処方設計支援
第24回日本臨床化学会東北支部総会シンポジウム(仙台), 2013.7.20

木皿重樹、眞野成康
経口薬併用がん化学療法における地域連携への取り組み
医療薬学フォーラム2013 第21回クリニカルファーマシーシンポジウム(金沢), 2013.7.20-21

島田 美樹、前川 正充、眞野 成康
LC/MS/MS による抗がん薬の治療薬物モニタリング
第26回バイオメディカル分析科学シンポジウム(東京),2013.8. 2-3

秋山聖子、木皿重樹、佐藤悠子、瀬谷裕貴子、菊地正史、蒲生真紀夫、小林誠一、西和哉、森隆弘、石岡千加史
「がん薬物療法地域連携チーム医療」ワークショップ -厚生労働省平成24年度チーム医療普及推進事業活動報告-
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会(仙台),2013. 8.29-31

森隆弘、木皿重樹、久道周彦、石岡千加史
Clinical trial using cancer/testis antigen-and/or VEGFR1/2-derived peptide-vaccine cocktails
第11回日本臨床腫瘍学会学術集会(仙台),2013.8.29-31

島田美樹 、大川星美 、前嶋隆弘 、近藤泰輝、下瀬川徹、久道周彦、松浦正樹 、眞野成康
肝細胞癌患者における ソラフェニブ投与に伴う副作用発現と薬物動態学的因子の関連
第51回日本癌治療学会学術集会(京都), 2013.10.24-10.26

佐賀利英、我妻恭行、中村浩規、齋藤泰紀
誤投薬の防止
第8回医療の質・安全学会学術集会(医療安全ミニコース)(東京), 2013.11.22

pageup

2012年

秋山 聖子、瀬谷 裕貴子、菊地 正史、上原 厚子、菅原 しのぶ、神尾 奈穂、高田 紀子、
小笠原 喜美代、柴田 弘子、舟田 彰、崎野 健一、畠山 法己、河原 正典、眞野 成康、
石岡 千加史
経口薬併用化学療法地域連携チームによる実践的取組み(平成23年度厚生労働省チーム医療実証事業による活動の報告)
第10回日本臨床腫瘍学会学術集会 (大阪) ,2012.7.26-28.

島田美樹、眞野成康
抗がん剤の血中濃度モニタリング:治療効果と副作用管理
日本医療薬学会 第46回 公開シンポジウム (秋田) ,2012.7.28.

前川正充、島田美樹、眞野成康
抱合型コレステロール代謝物のフォーカシングメタボローム解析法の構築
第52回日本臨床化学会年次学術集会 (盛岡) ,2012.9.6-8.

田坂 英久、鈴木 文子、赤坂 和俊、松浦 正樹、佐藤 真由美、眞野 成康
東北大学病院における病棟薬剤業務の実際
日本病院薬剤師会東北ブロック第2回学術大会 (盛岡) ,2012. 9.29-30.

木皿 重樹、眞野 成康
分子標的治療薬投与における皮膚障害への取り組み
日本病院薬剤師会東北ブロック第2回学術大会 (盛岡) ,2012. 9.29-30.

中川 直人
アメリカの薬剤師教育から学ぶ~ノバサウスイースタン大学薬剤部国際プログラムを例に~
日本薬学会東北支部第11回医療薬学若手研究者セミナー (仙台) ,2012. 10.20.

小原 拓
妊婦における医薬品使用の現状
日本病院薬剤師会東北ブロック第2回学術大会 (盛岡) ,2012. 9.29-30.

島田 美樹、眞野 成康
治療薬物モニタリングにおける質量分析法の活用
第59回日本臨床検査医学会学術集会 (京都),2012. 11.30.

pageup

2011年

Nariyasu Mano, Mayumi Sato, and Miki Shimada
LC/ESI-MS/MS method for therapeutic drug monitoring of sirolimus in human whole blood
IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011 (ICAS 2011)(Kyoto),2011.5.22-5.26.

眞野成康
TDMにおけるLC/ESI-MS/MSの貢献
第51回日本臨床化学会年次学術集会(札幌),2011.8.26-8.28.

眞野成康
臨床研究における医薬品分析
第24回バイオメディカル分析科学シンポジウム(大山),2011.8.31-9.2.

眞野成康
血中シロリムスの高精密定量法の構築-マトリックス効果の排除-
第24回バイオメディカル分析科学シンポジウム(大山),2011.8.31-9.2.

島田美樹
がん化学療法の副作用管理とその取り組み
平成23年度日本薬学会東北支部第10回医療薬学若手研究者セミナー(仙台),2011.9.17.

眞野成康
6年制薬学教育と薬剤師生涯教育
第21回日本医療薬学会年会(神戸),2011.10.1-10.2.

眞野成康
がん化学療法の現状
第1回プラズマプロセスナノカーボンのバイオ医療応用研究会(仙台),2011.10.7.

島田美樹、眞野成康
抗がん剤の血中濃度モニタリングと副作用管理
日本病院薬剤師会東北ブロック第1回学術大会(弘前),2011.11.26-27.

木皿 重樹、我妻 恭行、久道 周彦、村井 ユリ子、島田 美樹、眞野 成康
当院化学療法センターにおける薬剤師の役割
日本病院薬剤師会東北ブロック第1回学術大会(弘前),2011.11.26-27.

我妻 恭行
災害時の医薬品ロジスティクスについて -医療安全の観点からの提言
第6回医療の質・安全学会学術集会(東京),2011.11.19-20.

pageup

2010年

島田美樹
抗がん剤の副作用管理と薬剤部の取り組み
第1回東北大学病院がんセミナー(仙台),2010.4.15

眞野成康
NanoLC/MS/MSを用いるタンパク質解析
第21回日本臨床化学会東北支部総会(弘前),2010.5.15.

島田美樹、眞野成康
当院薬剤部の試験研究における分析科学
第23回バイオメディカル分析科学シンポジウム(松島),2010.7.21-7.23.

pageup

2009年

眞野成康
胆汁酸関連タンパク質のMS解析
第18回日本小児胆汁酸研究会(東京),2009.2.21.

眞野成康
臨床現場で活躍する分析科学
第22回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2009)(岐阜),2009.7.15-17.

眞野成康
病院薬剤部における臨床分析科学
みちのく分析科学シンポジウム2009年(仙台),2009.7.25.

後藤順一、眞野成康
クロマトグラフィーと分子認識
第20回クロマトグラフィー科学会議(20周年記念大会)(東京),2009.11.11-13.

pageup

2008年

眞野成康
生体小分子結合タンパク質のMS解析
近畿大学薬学総合研究所・大学院薬学研究科 文部科学省私立大学学術高度化推進事業 ハイテク・リサーチ・センター整備事業「補完代替医療素材の化学的評価とその機能性成分をシーズとする難治性疾患治療薬の創製」第2回シンポジウム(近畿大学),2008.6.28.

眞野成康
胆汁酸関連タンパク質のマススペクトロメトリー
第32回医療薬学会公開シンポジウム(青森市),2008.11.22.

Nariyasu Mano:
Specific analysis of small molecule binding proteins by mass spectrometry coupled with affinity extraction
The 33rd International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques (HPLC2008 Kyoto), 2008.12.2-12.5.

pageup

2007年

眞野成康
質量分析法を用いるバイオメディカル分析科学
第92回東北医学会総会、教授就任記念講演会,2007.5.11.

山口浩明
薬物トランスポーターを機能性器材として活用する薬物治療法の開発(招待講演)
日本薬学会東北支部第6回医療薬学若手研究者セミナー(仙台), 2007.11.10.

眞野成康、阿部幸平、後藤順一
質量分析法による胆汁酸関連タンパク質の解析(依頼講演)
第54回日本臨床検査医学会学術集会・第47回日本臨床化学会年次学術集会連合大会(大阪),2007.11.22-11.25.

pageup

2006年

後藤順一
分子認識と臨床分析化学 High Selective Molecular Recognition in Bio-Analytical Chemistry(特別講演)
日本薬学会第126年会(仙台),2006.3.28-3.30.

後藤順一
臨床からみたバイオメディカル分析科学研究(教育講演)
第19回バイオメディカル分析科学シンポジウム(福岡),2006.8.1-8.3.

眞野成康、後藤貴章、後藤順一
質量分析法を用いるタンパク質の精密分子識別(依頼講演)
第19回バイオメディカル分析科学シンポジウム(福岡),2006.8.1-8.3.

後藤貴章、眞野成康、後藤順一(依頼講演)
LC/MSにおける中性化合物の検出指向誘導体化
化学系学協会東北大会(秋田),2006.9.22-9.24.

後藤順一
薬物動態基盤解析法の構築とその応用に関する研究(受賞講演)
日本薬物動態学会第21回年会(東京),2006.11.29-12.1.

pageup

2005年

後藤順一
Bio-Analytical Chemistryと胆汁酸(教育講演)
フィジカル・ファーマフォーラム2005(熱海), 2005.3.27-3.28.

Nariyasu Mano and Junichi Goto
「The PSJ-AAPS Joint Symposium on Bioanalytical Chemistry」
Proteomic Research on Bile Acids by Mass Spectrometry(依頼講演)
日本薬学会第125年会(東京),2005.3.29-31.

後藤順一
「臨床展開する物理系薬学」
臨床における物理系薬学の役割(依頼講演)
日本薬学会第125年会(東京),2005.3.29-31.

穂積雅人、中村浩規、菱沼隆則、後藤順一
免疫抑制剤のTDM業務とその新展開(シンポジスト)
第60回医薬品相互作用研究会シンポジウム(仙台),2005.7.25.

眞野成康
アフィニティーを活用する蛋白質解析
第28回分析化学若手交流会(秋保),2005.7.22-7.23.

眞野成康
質量分析法による蛋白質の高精密解析に関する研究(奨励賞受賞講演)
第30回日本医用マススペクトル学会年会(大阪),2005.9.8-9.9.

Nariyasu Mano and Junichi Goto
Proteomic research by mass spectrometry combined with highly selective molecular recognition
International Symposium on Pharmaceutical Sciences in Sendai 2005, Tohoku University 21st Century COE Program "CRESCENDO" Symposium, Oct 28, 2005, Sendai.

眞野成康、後藤貴章、後藤順一
脳内胆汁酸の発見と脳内生合成活性
第52回日本臨床検査医学会総会・第45回日本臨床化学会年会連合大会(福岡),2005.11.17-11.20.

pageup

2004年

菱沼隆則、富岡佳久、村井ユリ子、後藤順一
高度先進医療への薬剤師の貢献 Contribution of pharmacists to advanced medical care(シンポジスト)
日本薬学会第124年会(大阪),2004.3.29-31.

Nariyasu Mano, Takaaki Goto and Junichi Goto:
The peculiar existence of protein-bound unconjugated bile acid in the cytoplasmic fraction of rat brain(依頼講演)
3rd Sino-Japanese Joint Seminar on Separation Sciences (Dalian, China), Apr 3-4, 2004, Dalian, China.

Junichi Goto, Nariyasu Mano and Takaaki Goto:
Mass spectrometry in drug development and therapy(招待講演)
Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2004), May 29-June 3, 2004, Kyoto, Japan.

眞野成康、佐藤光市、永冶陽子、小林典裕、後藤順一
プロテオーム解析における低分子-蛋白質相互作用解析手法
平成16年度日本薬学会東北支部学術講演会(仙台),2004.7.17.

pageup

2003年

眞野成康
ファーマコプロテオミクスにおける翻訳後修飾蛋白質の解析(依頼講演)
日本薬学会第123年会(長崎),2003.3.27-3.29.

後藤順一、眞野成康
プロテオーム解析(招待講演)
第10回日本臓器保存生物医学総会(仙台),2003.5.23-24.

眞野成康、後藤貴章、後藤順一
不安定代謝物による蛋白質付加体生成とその生成抑制機構の解析(依頼講演)
第10回クロマトグラフィーシンポジウム(東京),2003.8.2-8.3.

宮田昌明、北田泰崇、大塚聖、戸澤亜紀、中村俊文、島田美樹、永田 清、Gonzalez F.J.、山添 康
FXRの胆汁酸動態における役割:トランスポーター、代謝酵素の発現変動(シンポジスト),
第18回日本薬物動態学会年会(札幌), 2003.10.8-10.10.

後藤順一
高精密分子認識システムの開発とその薬学研究への展開(受賞講演)
第14回クロマトグラフィー科学会議(東京), 2003.11.11-11.12.

後藤順一
薬学教育6年制にむけての実務実習の受け入れを考える(シンポジスト)
第22回宮城県薬剤師会学術大会(仙台), 2003.11.16.

pageup

2002年

後藤順一、眞野成康、小林典裕
脳内胆汁酸の生理的意義?(シンポジウム)
日本薬学会第122年会(千葉),2002.3.26-3.28.

後藤順一、眞野成康
薬学における分析化学とMS(招待講演)
第50回質量分析総合討論会(京都),2002.5.15-5.17.

後藤順一
胆汁酸の臨床分析化学的研究
第87回東北医学会総会 教授就任記念講演会(仙台), 2002.5.24.

眞野成康、後藤順一
バイオメディカル分析科学におけるLC/MS(依頼講演)
第63回分析化学討論会(姫路),2002.5.25-5.26

眞野成康
液体クロマトグラフィーによる生体成分の高精密分子認識と捕捉に関する研究(奨励賞受賞講演)
第13回クロマトグラフィー科学会議(八王子),2002.10.10-11.

後藤順一
胆汁酸研究と高速液体クロマトグラフィー(招待講演)
メルク・日立ハイテクノロジーHPLCセミナー(東京), 2002.11.7.

後藤順一
胆汁酸研究と高速液体クロマトグラフィー(招待講演)
メルク・日立ハイテクノロジーHPLCセミナー(大阪), 2002.11.8.

後藤順一
臨床分析化学における質量分析法(特別講演)
第48回日本薬学会九州支部総会・第19回支部大会(福岡), 2002.12.14-12.15.

pageup