患者さんへ

TOP > 患者さんへ > お薬の正しい飲み方

お薬の正しい飲み方

指示された通りに服用(使用)しましょう

患者さんが服用しているお薬は、主治医が病状を考えた上で綿密に処方したものです。
正しく服用しないと効果が十分に現れなかったり、副作用が出たりすることがあります。
必ず指示された通りに服用しましょう。

お薬の飲み合わせに注意しましょう

お薬の組み合わせによっては思わぬ副作用が出てくる場合がありますので、複数のお薬を使うときには注意が必要です。
他の病院でお薬を処方してもらうときや、薬局でお薬を買うときには現在使用しているお薬の名前を医師、薬剤師に伝えて、飲み合わせを確認してもらいましょう。
必ず指示された通りに服用しましょう。

お薬は光、湿気を避けて保管しましょう

一般的に、お薬は光の当たる場所や湿気を多く含む場所に置いておくと効果が低下する可能性があります。光や湿気を避けて保管しましょう。

お薬を他の人に渡さないようにしましょう

お薬は患者さんの症状に合わせて処方されたものです。症状が似ているからといって、必要なお薬は同じとは限りませんし、同じお薬を服用しても患者さんによっては思わぬ副作用が発現することも考えられます。他の人に渡さないようにしましょう。

お薬を飲む時間について

食前・・・・・・食事の前30分くらい
食間・・・・・・食事をとってからおよそ2時間後(食事の最中ではありません)
食後・・・・・・食事の後30分以内
就寝前・・・・寝る前30分以内
食直前・・・・食事のすぐ前
食直後・・・・食事のすぐ後
とんぷく・・・必要に応じて

pageup