TRAINING
かかりつけ薬剤師研修

地域包括ケアを担うかかりつけ薬剤師養成研修 実施要項

目的 地域包括ケアシステムの中で、かかりつけ薬局は服薬情報の一元的・継続的な把握や在宅での対応を含む薬学的管理・指導などの機能を果たす、地域で暮らす患者本位の医薬分業の実現に向けた取り組みを進めています。そうしたなかで、病院と保険薬局の情報連携や保険薬局機能の強化は極めて重要な課題となっています。その方策の一つとして、当院においても保険薬局薬剤師を対象とした1週間程度の病院研修体制を整えておりますが、今回、北海道・東北地区の国立大学病院附属病院薬剤部が一体となって、地域包括ケアを担うかかりつけ薬剤師を養成する研修制度を立ち上げました。

つきましては、薬の有効性の確認や副作用モニタリングに必要な患者のバイタルサインや栄養管理、リハビリなどの知識・技術を習得したいと考えておられる保険薬局薬剤師の研修生を募集いたします。
対象者 以下の全てを満たす方
研修期間 毎年5月から週1回の研修を8回実施(2ケ月間)
研修
スケジュール
(例)
1日目
時間 研修内容
8:30
~9:00
オリエンテーション
9:00
~10:30
病診薬連携総論、PBPM、MMWIN(講義)
10:30
~15:30
医薬品情報管理(講義・演習)
15:30
~17:00
薬剤管理指導(演習)
2日目
時間 研修内容
8:30
~9:30
TPNの無菌調製見学
9:30
~10:30
周術期の薬学的管理(講義)
10:30
~15:30
病棟業務見学(循環器内科)
15:30
~17:00
内外用調剤・注射調剤見学
3日目
時間 研修内容
8:30
~10:00
ポリファーマシー・臨床検査値の見方(講義・演習)
10:00
~12:00
入退院センター業務(講義・演習)
13:00
~17:00
薬剤師外来業務見学(外来化学療法センター)
4日目
時間 研修内容
8:30
~9:30
感染管理(講義)
10:00
~12:00
嚥下管理と口腔ケアの見学(外来C棟4階)
13:00
~15:00
病棟業務見学(外科病棟)
15:00
~16:00
栄養管理、NSTカンファレンス参加
16:00
~17:00
簡易懸濁法
5日目
時間 研修内容
8:30
~9:00
各がん腫の標準的治療(講義)
9:00
~10:30
がんゲノム医療(講義・演習)
10:30
~12:00
レジメン審査(講義・演習)
12:00
~13:00
プロトコール管理と処方監査(講義)
14:00
~15:30
各がん種の処方監査(演習)
15:30
~16:00
抗がん薬調製の基礎知識(講義)
16:00
~17:00
調製手技トレーニング(演習)
17:00
~18:00
がんゲノム診断カンファレンス参加
6日目
時間 研修内容
8:30
~10:00
リハビリテーション見学(東17階)
10:00
~12:00
皮膚・排泄ケアの見学
13:00
~17:00
臨床推論体験(東北大学クリニカル・スキルスラボ)
  • 呼吸音・腹部音聴診
  • バイタルサイン測定
  • 吸引操作
  • 口腔ケア
  • 経管栄養管理
  • 導尿・浣腸
  • ストーマ管理
  • 輸液ポンプ・シリンジポンプ
  • 一次救命処置(BLS、CPR、AED)
7日目
時間 研修内容
8:30
~9:00
抗がん薬調製・曝露対策の見学
9:00
~12:00
緩和ケアチームカンファレンス・回診参加(緩和医療科外来)
13:00
~14:00
がん化学療法の副作用マネジメント(講義)
14:00
~17:00
薬剤師外来業務見学(外来化学療法センター)
8日目
時間 研修内容
8:30
~10:30
腫瘍内科カンファレンス参加
10:30
~12:00
研修成果報告の準備
13:00
~15:30
薬剤師外来業務見学(外来化学療法センター)
15:30
~16:30
研修成果報告会
16:30
~17:00
総括(修了証授与、アンケート)
受入人数 若干名。
ただし、日本医療薬学会の地域薬学ケア専門薬剤師養成研修、日本臨床腫瘍薬学会のがん診療病院連携研修を優先いたします。
申込先 研修を希望される方は、下記のアドレスにメールでお申し込みください。
E-mailinfo@pharm.hosp.tohoku.ac.jp
受付後、実施の可否を判断し、メールにてご連絡いたします。
申込期間 随時受付いたします。
お問い
合わせ先
東北大学病院薬剤部 薬務室
副薬剤部長 菊地 正史、前川 正充
E-mailinfo@pharm.hosp.tohoku.ac.jp
TEL022-717-7528