薬剤部の研究

TOP > 薬剤部の研究 >  業績 >  講演・学会発表

業績

 

2007年

眞野成康
質量分析法を用いるバイオメディカル分析科学
第92回東北医学会総会、教授就任記念講演会,2007.5.11.

山口浩明
薬物トランスポーターを機能性器材として活用する薬物治療法の開発(招待講演)
日本薬学会東北支部第6回医療薬学若手研究者セミナー(仙台), 2007.11.10.

眞野成康、阿部幸平、後藤順一
質量分析法による胆汁酸関連タンパク質の解析(依頼講演)
第54回日本臨床検査医学会学術集会・第47回日本臨床化学会年次学術集会連合大会(大阪),2007.11.22-11.25

一般発表

鈴木博也、松浦正樹、高橋克史、高畑昌代、石井大輔、久道周彦、中村浩規、後藤順一
処方監査の質向上および業務の効率化を目的とした注射調剤システムの構築
第137回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会(仙台),2007.3.17.

鈴木理紗子、高畑昌代、後藤順一
高度救命救急センターにおける薬物中毒の状況と薬剤師の関わり
第137回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会(仙台),2007.3.17.

後藤貴章、前川正充、阿部真一郎、Khin Than Myint、眞野成康、後藤順一
LC/ESI-MSによるラット脳内のケノデオキシコール酸硫酸抱合活性の測定
日本薬学会第127年会(富山),2007.3.27-3.29.

佐藤光市、眞野成康、後藤順一
アフィニティー抽出による小分子結合タンパク質へのタグ導入
日本薬学会第127年会(富山),2007.3.27-3.29.

鴨田美緒、眞野成康、後藤順一
胆汁酸アシルアデニレートによる付加タンパク質の生成とそのMS解析
日本薬学会第127年会(富山),2007.3.27-3.29.

阿部幸平、佐藤光市、眞野成康、後藤順一
質量分析法を用いるgrowth hormoneとケノデオキシコール酸の結合解析
日本薬学会第127年会(富山),2007.3.27-3.29.

山嵜琢磨、眞野成康、後藤順一
特異的誘導体化を組み合わせるリン酸化タンパク質のnanoLC/ESI-MS/MS
日本薬学会第127年会(富山),2007.3.27-3.29.

柿山玄太、細井敬之、飯田隆、眞野成康、後藤貴章、後藤順一
ウォンバットの新規主要胆汁酸,3α,15α-Dihydroxy-5β-cholan-24-oic acidタウリン抱合体,の合成と同定
日本薬学会第127年会(富山),2007.3.27-3.29.

小川祥二郎、細井敬之、飯田隆、牧野三津子、藤本康雄、後藤貴章、眞野成康、後藤順一
シトクロムP-450の酵素類似機能を持つ新規オスミウムポルフィリン触媒/酸素ドナー系の創製とステロイド合成への応用
日本薬学会第127年会(富山),2007.3.27-3.29.

柿山玄太、武藤晃奈、細田敦子、飯田隆、眞野成康、後藤貴章、後藤順一
HPLC/ELSDシステムによる胆汁酸3-サルフェートの直接一斉分析法の開発
日本薬学会第127年会(富山),2007.3.27-3.29.

三枝大輔,菱沼隆則,鈴木香織,山口浩明,富士本仁,渋谷淳,後藤順一
HPLC/UV及びLC/MS/MSを用いた臓器中におけるtetrabromobisphenolA 定量法の確立
日本薬学会第127年会(富山),2007.3.27-3.29.

齋藤昌良,山口浩明,三日市剛,岡田匡弘,海野倫明,阿部高明、菱沼隆則,後藤順一
脳黒質局在新規胆汁酸トランスポーターSLC10A4の転写調節機構
日本薬学会第127年会(富山),2007.3.27-3.29.

山口浩明,小林美奈子,岡田匡弘,阿部高明,海野倫明,菱沼隆則,後藤順一
トランスポーターを機能性器材として用いた薬物スクリーニングシステムの開発
日本薬学会第127年会(富山),2007.3.27-3.29.

佐藤真由美、菱沼隆則、山口浩明、石井英昭、松本洋太郎、和田基、林富、後藤昌史、里見進、後藤順一
LC/ESI-MS/MS法およびIMx法による免疫抑制剤シロリムスの血中濃度測定
日本薬学会第127年会(富山),2007.3.27-3.29.

穂積雅人、中村郁子:歯科癌化学療法における薬剤師の役割,第27回日本歯科薬物療法学会(東京),2007.6.21-23.

森大、後藤順一、眞野成康
NanoLC/ESI-MS/MSによる血清プロテオーム解析に関する検討
第20回バイオメディカル分析科学シンポジウム(八王子),2007.7.2-7.4.

阿部幸平、佐藤光市、後藤貴章、眞野成康、後藤順一
ケノデオキシコール酸とgrowth hormoneの相互作用解析
第20回バイオメディカル分析科学シンポジウム(八王子),2007.7.2-7.4.

鈴木理紗子、高畑昌代、眞野成康
当院における薬物中毒簡易定性分析データの解析
第29回日本中毒学会総会・学術集会(東京),2007.7.27-28.

藤巻慎一、阿部悦子、早坂祥子、松井直子、相澤千恵、佐藤祥子、村上富紀子、藤丸あづさ、村尾知彦、豊岡朝子、星河美千子、田辺圭子、菊地宏明、寺岡知寿、佐藤真由美、眞野成康、長沢光章、賀来満夫、後藤順一、伊藤貞嘉
東北大学病院における逸脱報告の現状とその解析
第7回CRCと臨床試験のあり方を考える会議(横浜),2007.9.15-16.

堅田早紀子、村上富紀子、阿部悦子、相澤千恵、佐藤祥子、田辺圭子、豊岡朝子、早坂祥子、藤巻慎一、藤丸あづさ、星河美千子、松井直子、村尾知彦、伊藤裕美、鈴木章史、佐藤真由美、眞野成康、後藤順一、伊藤貞嘉
CRC教育システムの確立に向けての取り組み~新配属者CRCの早期育成実践報告~
第7回CRCと臨床試験のあり方を考える会議(横浜),2007.9.15-16.

松本洋太郎、上西智子、山口浩明、佐藤真由美、小川則彦、後藤昌史、里見進、菱沼隆則、後藤順一、眞野成康
シロリムスからミコフェノール酸モフェチルに投与変更した膵頭移植患者におけるTDM
第17回日本医療薬学会年会(前橋),2007.9.29-9.30.

村井ユリ子、佐藤真由美、山口浩明、眞野成康、後藤順一、菱沼隆則
卒前病院実習への危険予知トレーニングの導入
第17回日本医療薬学会年会(前橋),2007.9.29-9.30.

佐藤えり子、猪岡京子、鈴木文子、田坂英久、佐藤真由美、我妻恭行、村井ユリ子、後藤順一、眞野成康
薬剤師による病棟常駐業務試行後の評価と今後の課題
第17回日本医療薬学会年会(前橋),2007.9.29-9.30.

Toshihiro Matsuda, Miki Shimada, Kiyoshi Nagata and Yasushi Yamazoe:
Role of cholesterol sulfotransferase, St2b2, in epidermal differentiation
8th international ISSX Meeting, Sendai, Japan, 2007.10.9-10.12.

Masahiro Okada, Hiroaki Yamaguchi, Minako Kobayashi, Toshiko Takeuchi, Masayuki Tanemoto, Michiaki Unno, Takaaki Abe, Takanori Hishinuma, Junichi Goto and Nariyasu Mano:
Study on the visualization of carrier-mediated transport,
第29回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(仙台),2007.11.26-11.27.

阿部幸平、鈴木麻央、佐藤光市、後藤貴章、後藤順一、眞野成康:ラット肝組織中のケノデオキシコール酸結合タンパク質の抽出,第18回クロマトグラフィー科学会議(函館),2007.11.7-11.9.

柳澤勇、阿部幸平、森大、八幡憲治、後藤順一、眞野成康
胆汁酸刺激によるHeLa S3細胞内変動タンパク質の解析
第18回クロマトグラフィー科学会議(函館),2007.11.7-11.9.

鈴木香織、齋藤昌良、山口浩明、村井ユリ子、山岸初志、小池智幸、大原秀一、下瀬川徹、菱沼隆則、眞野成康、後藤順一
LC/MS/MSを用いた微量ヒト血清中ランソプラゾール及びラベプラゾール簡易定量法の構築とその臨床応用
第18回クロマトグラフィー科学会議(函館),2007.11.7-11.9.

柳利樹、鐙屋舞子、小林美奈子、猪岡京子、小川義敬、吉田真貴子、中村浩規、眞野成康
処方歴一覧表導入後による疑義照会の質的変化
第4回みやぎ薬剤師学術大会(仙台),2007.11.18

三浦まり、石井大輔、鈴木博也、佐々木美帆、内田 敬、岸川友紀、鈴木理紗子、藤井亜希子、安田千賀、高橋克史、佐藤真由美、久道周彦、眞野成康
インシデント事例に学ぶ薬剤適正使用への取り組み-薬剤部内の情報共有化と院内への注意喚起に向けて-
第4回みやぎ薬剤師学術大会(仙台),2007.11.18

鈴木理紗子、高畑昌代、松本洋太郎、上西智子、鴨田美緒、山口浩明、眞野成康
当院において薬物中毒の簡易定性分析を行った患者情報に関するデータベースの作成と解析
第4回みやぎ薬剤師学術大会(仙台),2007.11.18

阿部幸平、佐藤光市、後藤貴章、後藤順一、眞野成康
ケノデオキシコール酸とgrowth hormoneの相互作用
第29回胆汁酸研究会(つくば),2007.11.24.

Yuriko Murai, Mayumi Sato, Hiroaki Yamaguchi, Takanori Hishinuma, Bruce Canaday, Nariyasu Mano and Junichi Goto
Undergraduate education on patient safety in Japan: introducing KYT hazard prediction training to the on-site training,
42th ASHP Midyear Clinical Meeting (Las Vegas, NV, USA), Dec. 2-6, 2007.

pageup