薬剤部の研究

TOP > 薬剤部の研究 >  業績 >  講演・学会発表

業績

 

2018年

土屋雅美
医薬品情報データベースを用いて薬剤師によるファーマコビジランスを評価する
日本病院薬剤師会 東北ブロック第8回学術大会(盛岡), 2018.5.19-20 (発表: 2018 .5.19).

土屋雅美
医薬品副作用データベースを薬剤師業務に生かすには –JADERを例に–
第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会(鈴鹿), 2018.6.30-7.1 (発表: 2018.6.30).

八島一史
DI室における授乳プランシートを用いた妊婦・授乳婦の支援
東北大学病院薬剤部周産期セミナー(仙台), 2018.2.16.

小原拓
DOHaD仮説に基づく周産期薬剤疫学研究の実践
日本DOHaD学会疫学セミナー第9回例会(東京), 2018.12.22.

小原拓
シンポジウム 32「薬剤師に求められる医薬品安全性情報の創出」-薬剤師による医薬品安全性情報の創出-
第28回日本医療薬学会年会(神戸), 2018.11.23-25 (発表:2018.11.24).

小原拓
「ビッグデータを活用した医薬品情報研究」医療におけるビッグデータとは.
平成30年度第2回JASDIフォーラム(東京), 2018.11.17.

小原拓
特別企画シンポジウム1 AMED眞野班ジョイントシンポジウム「近未来の副作用報告を語る」 適切な副作用自発報告の推進
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(米子), 2018.11.10-11 (発表:2018.11.10).

小原拓
医薬品・医療機器等安全性情報報告制度に基づく自発報告の推進
秋田県病院薬剤師会平成30年度第一回薬剤業務研修会(秋田), 2018.9.8.

小原拓
ワークショップ1:適切な副作用自発報告とは?
日本病院薬剤師会関東ブロック第48回学術大会(宇都宮), 2018.8.25-26 (発表:2018.8.25).

小原拓
研究テーマ・方法は人それぞれ -様々な研究の形を事例交えて-
平成30年度宮城県病院薬剤師会中小病診療養・精神科院委員会合同研修会(仙台), 2018.8.4.

小原拓
シンポジウム4医薬品安全性情報報告の基準と手順を考える「医薬品・医療機器等安全性情報報告制度を活用するために」
第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会(三重), 2018.6.30-7.1 (発表:2018.6.30).

小原拓
シンポジウム 14医療ビッグデータの活用に向けたバリデーション研究への期待「周産期薬剤疫学研究のためのバリデーション研究
医療薬学フォーラム2018第26回クリニカルファーマーシーシンポジウム(東京), 2018.6.23-24 (発表:2018.6.24).

小原拓
求められる副作用自発報告とは?~地域支援体制加算における医療実績に資する体制・取り組みにむけて~
平成30年5月度MRI研修会(大阪), 2018.5.12.

小原拓
当院における授乳と薬に関する資料開示の試み
東北大学病院薬剤部周産期セミナー(仙台), 2018.2.16.

小原拓
薬薬連携に基づく医薬品・医療機器等安全性情報報告制度への対応
東北大学病院薬剤部薬薬連携セミナー(仙台), 2018.1.23.

松崎芙実子
病棟における授乳プランシートを用いた妊婦・授乳婦の支援
東北大学病院薬剤部周産期セミナー(仙台), 2018.2.16.

鈴木寿樹
東北大学病院薬剤部感染セミナー
感染症についての考え方(仙台), 2018.8.4.

木皿重樹
当院におけるがんプロトコール開示の試み
東北大学病院薬剤部薬薬連携セミナー(仙台), 2018.1.23.

鈴木博也
抗菌薬適正使用支援加算~ASTの薬剤師の立場から~
第24回東北院内感染対策研究会(仙台), 2018.10.27.

鈴木博也
治療に難渋したMRSA血流感染症の一例
第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会・第65回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会2018(東京), 2018.10.24-26 (発表: 2018.10.25).

鈴木博也
AMR成果指標の達成度―大学病院と宮城県の現状―
第17回医療薬学若手研究者セミナー(仙台), 2018.9.7.

鈴木博也、勝見真琴、青柳哲史
ケーススタディーで学ぶAntimicrobial Stewardship Team (AST)活動 ~東北大学病院における医師・薬剤師・検査技師の連携によるAST活動~
第10回J感染制御ネットワークフォーラム(仙台), 2018.9.1.

前川正充、成田綾、崎山快夫、山口浩明、眞野成康
臨床化学を基盤としたニーマンピック病C型の診断・治療への挑戦
第28回日本医療薬学会年会(神戸), 2018.11.23-25 (発表: 2018.11.24).

髙﨑新也、川崎芳英、菊地正史、田中雅樹、山口浩明、眞野成康
治療効果の最大化を目指した経口抗がん薬の治療薬物モニタリング
第43回日本医用マススペクトル学会年会(札幌), 2018.9.6-7 (発表: 2018.9.7).

菊地正史、山口浩明、眞野成康
臨床化学を基盤とした肺移植患者の個別化薬物療法構築への取り組み
第58回日本臨床化学会年次学術集会(名古屋), 2018.8.24-26.

前川正充
医用応用を指向した疾患代謝解析とバイオマーカー開発
質量分析東北セミナー(仙台), 2018.8.10.

前川正充、山口浩明、眞野成康
ニーマンピック病C型の新規尿中診断マーカーの開発
第16回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(三浦), 2018.9.3-4 (発表: 2018.9.4).

前川正充、神納勇、成田綾、山口浩明、眞野成康
尿中のニーマンピック病C型診断マーカー候補分子の一斉分析と診断性能評価
第29回日本臨床化学会東北支部総会(山形), 2018.7.21.

山口浩明、小林智徳、小原拓、赤嶺由美子、朝賀純一、芦埜和幸、大原宏司、大村雅之、
田村健悦、富岡佳久、豊口禎子、藤原洋之、細井一広、渡辺剛
東北病院薬剤師会員の学術研究に関する実態調査
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会(盛岡), 2018.5.19-20 (発表: 2018.5.20).

山口浩明、髙﨑新也、菊地正史、川崎芳英、荒井陽、眞野成康
経口分子標的薬の個別化投与設計に向けて
日本薬学会第138年会(金沢), 2018.3.25-28 (発表: 2018.3.26).

小原拓
医療におけるビッグデータとその活用
千葉県病院薬剤師会南部支部研修会「南房総臨床薬学セミナー」(鴨川), 2018.5.25.

八島一史、木皿重樹、松浦正樹、中曽根正皓、荒木勇太、細谷絵美、小林美奈子、
髙橋阿希子、赤坂和俊、久道周彦、菊地正史、佐藤真由美、山口浩明、眞野成康
がん化学療法プロトコールに関する保険薬局との情報連携
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会(盛岡), 2018.5.19-20 (発表: 2018.5.20).

大柳元、中曽根正皓、八島一史、前川麻央、前嶋隆弘、髙橋阿希子、
松浦正樹、小原拓、眞野成康
当院薬品情報室を中心としたファーマコビジランスの実例
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会(盛岡), 2018.5.19-20 (発表: 2018.5.19).

小原拓
薬剤師による情報の評価とエビデンスの創出
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会(盛岡), 2018.5.19-20 (発表: 2018.5.19).

小原拓
周産期におけるチーム医療~薬学的介入ポイントを探る~「妊娠とお薬相談外来
を介した支援の展開」
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会(盛岡), 2018.5.19-20 (発表: 2018.5.19).

八島一史
当院における授乳中の医薬品使用の安全性評価
東北周産期薬剤師研修会(盛岡), 2018.5.18.

小原拓
求められる副作用自発報告とは? ~地域支援体制加算における医療実績に
資する体制・取り組みにむけて~
一般社団法人メディカルサポートセンター研修会(大阪), 2018.5.12.

眞野成康、前川正充、山口浩明
オミクス解析を基盤とした臨床化学分析
日本薬学会第138年会(金沢), 2018.3.25-28 (発表: 2018.3.27).

前川正充
尿中抱合型コレステロール代謝物のLC/ESI-MS/MS分析による代謝異常疾患の診断マーカー探索
日本薬学会第138年会(金沢), 2018.3.25-28 (発表: 2018.3.26).

八島一史
当院における成長ホルモン製剤の運用と手技指導について
平成30年東北地区コメディカル勉強会(仙台), 2018.2.24.

小原拓
現場の薬剤師による研究の立案から論文化まで~キーワードはパターン化~
第68回東北地区国立病院薬学研究会(仙台), 2018.2.17.

髙橋阿希子
熊本地震での現地調整本部活動~日本病院薬剤師会~
日本災害医療薬剤師学会第7回学術大会(静岡), 2018.2.11-12(発表: 2018.2.12).

小原拓
妊婦における葉酸サプリメント摂取
周産期における葉酸摂取の重要性に関するシンポジウム(仙台), 2018.1.27.

小原拓、眞野成康
医療現場から報告すべき医薬品安全性情報とは?
AMED委託研究眞野班講演会(平成29年度)(仙台), 2018.1.13.

木皿重樹
内服抗がん薬におけるプロトコールの情報共有
AMED委託研究眞野班講演会(平成29年度)(仙台), 2018.1.13.

大柳元
当院薬品情報室を中心としたファーマコビジランス活動
AMED委託研究眞野班講演会(平成29年度)(仙台), 2018.1.13.

pageup