薬剤部の研究

TOP > 薬剤部の研究 >  業績 >  講演・学会発表

業績

 

2020年

髙﨑新也、菊地正史、眞野成康
治療効果の最大化を目指した経口抗がん薬の治療薬物モニタリング
日本臨床化学会第60回年次学術集会, 2020.10.30-11.1 (web発表: 2020.10.31).

小原拓
病院薬剤師と薬剤疫学
山形大学医学部附属病院薬剤部研修会(山形), 2020.10.12.

小林智徳、佐藤祐司、菊地正史、小原拓、眞野成康
Webブラウザを用いた「がん化学療法指導支援ツール」の評価とRMP導入による効果の検討
日本病院薬剤師会 東北ブロック第10回学術大会(仙台), 2020.6.30.

前川正充、眞野成康
質量分析法を基盤とするニーマンピック病C型の新規バイオマーカー探索
日本薬学会第140年会(京都), 2020.3.25-28 (発表: 2020.3.26).

Taku Obara
ADR reporting by healthcare professionals
PMDA-ATC Pharmacovigilance Seminar 2020 (APEC Center of Excellence Workshop)
( Tokyo), 2020.2.3-6 (発表: 2020.2.6).

小原拓
疫学におけるバイオバンクの利活用:東北メディカル・メガバンク計画三世代コホート
第30回日本疫学会学術総会(京都), 2020.2.20-22 (発表: 2020.2.22).

pageup