薬剤部の研究

TOP > 薬剤部の研究 >  業績 >  講演・学会発表

業績

 

2009年

眞野成康
胆汁酸関連タンパク質のMS解析
第18回日本小児胆汁酸研究会(東京),2009.2.21.

眞野成康
臨床現場で活躍する分析科学
第22回バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2009)(岐阜),2009.7.15-17.

眞野成康
病院薬剤部における臨床分析科学
みちのく分析科学シンポジウム2009年(仙台),2009.7.25.

後藤順一、眞野成康
クロマトグラフィーと分子認識
第20回クロマトグラフィー科学会議(20周年記念大会)(東京),2009.11.11-13

一般発表

高畑昌代、飯田優太郎、小林道夫、山内聡、篠澤洋太郎
硫化水素中毒マニュアル確立における薬剤師の役割
第14回日本集団災害医学会総会・学術集会(神戸),2009.2.12-2.14.

森大、阿部幸平、山口浩明、後藤順一、島田美樹、眞野成康
タンパク質変動解析のための18O一置換反応に関する検討
日本薬学会第129年会(京都),2009.3.26-3.28.

前島隆弘、吉田真貴子、佐藤祥子、渡辺範康、佐賀利英、佐藤真由美、久道周彦、村井ユリ子、眞野成康
危険予知トレーニングから得た“危険ストーリー”の新人教育への応用
日本薬学会第129年会(京都),2009.3.26-3.28.

柿山玄太、武藤晃奈、眞野成康、後藤順一、Lee R. Hagey、Alan F. Hofmann、飯田隆
アカハネシギダチョウ(R. Rufescens)から新規1β‐水酸化C27胆汁酸
(1β,3α,7α-trihydroxy-5β-cholestan-27-oyl taurine)の単離と構造決定
日本薬学会第129年会(京都),2009.3.26-3.28.

Laddawan Senggunprai, Kouichi Yoshinari, Miki Shimada and Yasushi Yamazoe
Functional Role of ST1B Subfamily of Cytosolic Sulfotransferase to Form Natriuretic Xanthurenic Acid Sulfate,
3rd Asian Pacific Regional ISSX Meeting, Bangkok, Thailand, 2009.5.10-5.12.

森大、阿部幸平、山口浩明、後藤順一、島田美樹、眞野成康
18O一置換標識法によるプロテオームの量的変動解析に関する検討
第22回バイオメディカル分析科学シンポジウム(各務原市),2009.7.15-7.17.

三澤靖、外浦亜耶子、阿部幸平、山口浩明、柿山玄太、飯田隆、後藤順一、島田美樹、眞野成康
LC/ESI-MS/MSによる三重抱合型異常胆汁酸の高感度定量法の構築
第22回バイオメディカル分析科学シンポジウム(各務原市),2009.7.15-7.17.

島田美樹、野澤真里菜、山口浩明、神田勝弘、野上真、後藤順一、眞野成康
LC/MS/MSによる血中シロリムスの高感度測定法
第22回バイオメディカル分析科学シンポジウム(各務原市),2009.7.15-7.17.

森大、阿部幸平、山口浩明、後藤順一、島田美樹、眞野成康
プロテオーム変動解析を目的としたトリプシンを用いる18O一置換法
第34回日本医用マススペクトル学会(大阪),2009.9.10-9.11.

三澤靖、佐藤光市、森大、阿部幸平、山口浩明、後藤順一、島田美樹、眞野成康
新規アフィニティー抽出法を用いたラット肝組織中ケノデオキシコール酸結合タンパク質の解析
第34回日本医用マススペクトル学会(大阪),2009.9.10-9.11.

鈴木強志、瀧田好恵、村尾知彦、相澤千恵、藤丸あづさ、竹長賀子、福山はる、草場美津江、上野義之、伊藤貞嘉
最新進捗状況の一括管理と定期的な情報提供による迅速な被験者リクルートへの試み
第9回CRCと臨床試験のあり方を考える会議(横浜),2009.9.12-9.13.

野澤真里菜、島田美樹、山口浩明、後藤順一、眞野成康
LC/MS/MSを用いる血中シロリムス濃度測定法の改良
第49回日本臨床化学会年次学術集会(長崎),2009.9.18-9.20.

吉田愛琴、小原拓、石倉一樹、佐々木彩乃、池田うらら、大久保孝義、眞野成康、今井潤
家庭血圧測定に基づくカルシウム拮抗薬シルニジピンの降圧効果の検討
第48回日本薬学会東北支部大会(仙台),2009.10.18.

土屋雅美、伊藤千晶、菊池聡、赤坂和俊、木皿重樹、久道周彦、眞野成康、加藤俊介、石岡千加史、大桐規子
外来がん化学療法におけるレジメン別患者用説明書の有用性
第47回日本癌治療学会学術集会(横浜),2009.10.22-10.24.

中村浩規、猪岡京子、村井ユリ子、眞野成康
視点計測器を用いた調剤ミスの要因解析
第19回日本医療薬学会年会(長崎),2009.10.24-10.25.

鈴木文子、飯田優太郎、松本洋太郎、上西智子、村井ユリ子、浅田成紀、荒井啓行、島田美樹、眞野成康
医学部臨床修練における「医師-薬剤師協働型医療情報実習」への取り組み
第19回日本医療薬学会年会(長崎),2009.10.24-10.25.

松本洋太郎、上西智子、佐賀利英、山口浩明、島田美樹、眞野成康
カラムスイッチングHPLCによるボリコナゾールの血中濃度測定法の確立
第19回日本医療薬学会年会(長崎),2009.10.24-10.25.

鈴木博也、高畑昌代、松浦正樹、久道周彦、眞野成康
高度救命救急センターにおける薬剤師常駐業務の特殊性調査
第19回日本医療薬学会年会(長崎),2009.10.24-10.25.

富岡佳久、平澤典保、眞野成康、村井ユリ子、鈴木直人、三枝大輔、平塚真弘、高橋亜希、島田美樹、岡芳知、伊藤貞嘉、石岡千加史、寺崎哲也、永沼章
次世代型専門薬剤師育成を目指した大学院教育プログラムの開発(その1)
第19回日本医療薬学会年会(長崎),2009.10.24-10.25.

小川祥二郎、飯田隆、眞野成康、後藤順一、Lee R. Hagey、Alan F. Hofmann
メダカ (Oryzias latipes) の胆汁成分に関する研究
第31回胆汁酸研究会(東京),2009.11.7.

有山智博、松浦正樹、赤坂和俊、木皿重樹、久道周彦、眞野成康
抗がん剤混合調製支援・鑑査システム開発への取り組み
第6回みやぎ薬剤師学術大会(仙台), 2009.11.15.

荒木加世子、横枕史、安田千賀、赤坂和俊、木皿重樹、村井ユリ子、久道周彦、眞野成康
抗がん剤調製手技習得のための短期教育プログラムの構築
第6回みやぎ薬剤師学術大会(仙台), 2009.11.15.

村尾知彦、相澤千恵、國井重男、本村恭一、木村潤、菊地宏明、寺岡知寿、松井直子、松浦正樹、佐藤真由美、眞野成康、伊藤貞嘉
電子カルテと連携した治験管理システム開発に関する試み -治験事務局業務-
第30回日本臨床薬理学会年会(東京),2009.12.3-12.5

相澤千恵、村尾知彦、國井重男、本村恭一、木村潤、佐藤祥子、松井直子、早坂祥子、草場美津江、佐藤 真由美、眞野 成康、伊藤 貞嘉
電子カルテと連携した治験管理システム開発に関する試み -CRC業務-
第30回日本臨床薬理学会年会(東京),2009.12.3-12.5.

Hiroshi Ohara, Rumiko Saito, Satoshi Hirakawa, Yumiko Ito, Miki Shimada, Nariyasu Mano, Takanori Hishinuma, and Setsuya Aiba
The role of ATP-stimulated normal human epidermal keratinocytes in skin inflammation revealed by DNA microarray analysis
日本研究皮膚科学会第34回年次学術大会・総会(福岡),2009.12.4-12.6.

pageup