薬剤部の研究

TOP > 薬剤部の研究 >  業績 >  講演・学会発表

業績

 

2017年

前川正充、山口浩明、眞野成康
コレステロール代謝物の疾患メタボロミクス
第57回日本臨床化学会年次学術集会(札幌), 2017.10.6-8 (発表: 2017.10.7).

前川正充
質量分析技術を基盤とした医療薬学的研究展開
平成29年度日本薬学会東北支部 第16回医療薬学若手研究者セミナー
AMED委託研究眞野研究班講演会(仙台), 2017.9.23.

前川正充
コレステロール代謝物に特化した疾患メタボロミクス
質量分析東北セミナー(仙台), 2017.8.25.

Hiroaki Yamaguchi, Hiromasa Iboshi, Hiroyuki Suzuki, Masafumi Kikuchi, Masaki Tanaka, Shinya Takasaki, Akiko Takahashi, Masamitsu Maekawa, Miki Shimada, Yasushi Matsuda, Yoshinori Okada, Nariyasu Mano
Development of a liquid chromatography tandem mass spectrometric method for quantification of mycophenolic acid and its glucuronides in dried blood spot samples
15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology(Kyoto),
2017.9.24-27(発表: 2017.9.27).

山口浩明、眞野成康
LC/MS/MSを駆使したトランスポーター機能解析
第42回日本医用マススペクトル学会年会(東京), 2017.9.14-15 (発表: 2017.9.15).

小原拓
RMP utilization for ADR reporting in the community health care setting
第14回DIA日本年会(東京), 2017.11.12-14 (発表: 2017.11.14).

土屋雅美、小原拓、眞野成康、髙村千津子
シンポジウム 33「薬剤師による医薬品安全性情報の創出」がん専門薬剤師による副作用等情報の集積とJADERの評価
第27回日本医療薬学会年会(千葉), 2017.11.3-5 (発表: 2017.11.4).

小原拓、眞野成康
シンポジウム 33「薬剤師による医薬品安全性情報の創出」医薬品・医療機器等安全性情報報告制度の運用の現状と課題
第27回日本医療薬学会年会(千葉), 2017.11.3-5 (発表: 2017.11.4).

小原拓、眞野成康
分科会7「副作用報告の推進に向けての薬・薬連携」病院における医薬品・医療機器等安全性情報報告制度への対応
第50回日本薬剤師会学術大会(東京), 2017.10.8-9 (発表: 2017.10.8).

小原拓、眞野成康
医薬品・医療機器等安全性情報報告制度と医薬品安全性情報の創出
医療薬学フォーラム2017第25回クリニカルファーマシーシンポジウム(鹿児島), 2017.7.1-2(発表:2017.7.1).

佐藤真由美、藤盛啓成、眞野成康
医療安全への薬剤師の関わり-現状と課題-
特定機能病院の医療安全管理における薬剤師の役割
日本病院薬剤師会東北ブロック第7回学術大会(弘前), 2017.6.10-11(発表: 2017.6.10).

小原拓、松浦正樹、眞野成康
大規模データを用いたTDMおよび薬物間相互作用の評価の可能性
日本病院薬剤師会東北ブロック第7回学術大会(弘前), 2017.6.10-11(発表: 2017.6.10).

小山美菜、細野萌子、松崎芙実子、八島一史、中川直人、小原拓、眞野成康
多職種連携による授乳プランシートの活用
日本病院薬剤師会東北ブロック第7回学術大会(弘前), 2017.6.10-11(発表: 2017.6.10).

前川正充、山口浩明、眞野成康
質量分析法を活用したニーマンピック病C型化学診断法の開発
日本薬学会第137年会(仙台), 2017.3.24-27(発表: 2017.3.27).

鈴木博也
東北大学病院における抗菌化学療法認定薬剤師の活動
~宮城県抗菌薬サーベイランスを中心に~
平成28年度 第2回山形県病院薬剤師会感染対策講習会(山形), 2017.3.4.

pageup