薬剤部の研究

TOP > 薬剤部の研究 >  業績 >  講演・学会発表

業績

 

2019年

前川正充
クロマトグラフィーを活用した代謝疾患の新規化学診断法の開発
第30回クロマトグラフィー科学会議(京都), 2019.12.5-7 (発表: 2019.12.6).

Masamitsu Maekawa
Discovery of biomarkers based on mass spectrometry
International Conference on Clinical Lipid Nutrition(Davis), 2019.11.19.

前川正充
病態分子機構解明を指向した新規バイオマーカー解析
第1回日本質量分析学会東北談話会(仙台), 2019.11.16.

前川正充、神納勇、岩堀杏南、山口浩明、眞野成康
ニーマンピック病C型のバイオマーカー探索
第30回日本臨床化学会東北支部総会(仙台), 2019.9.29.

Tomofumi Ishikawa
Examination of the prescription of antiepileptic drugs to prenatal and postpartum women in Japan form an administrative dataset
12th Asian Conference on Pharmacoepidemiology(Kyoto), 2019.10.11-13 (発表: 2019.10.12).

小原拓
妊娠中の医薬品使用に関する考え方
東北周産期薬剤師研修会(秋田), 2019.12.14.

小原拓
奨励賞受賞講演「周産期の医薬品使用の安全性に関する研究」
第41回東北薬学セミナー(仙台), 2019.12.21.

小原拓
シンポジウム41 医薬品安全対策:「ここまできた」から「これから」へ-ビッグデータの利活用を考える-「医療データベースを用いた薬剤疫学研究と薬剤師業務の評価」
第29回日本医療薬学会年会(福岡), 2019.11.2-4 (発表: 2019.11.3).

小原拓
周産期における医薬品使用の実態
東北周産期薬剤師研修会(仙台), 2019.11.9.

小原拓、眞野成康
医薬品・医療機器等安全性情報報告制度に基づく副作用報告の基準
2019年度AMED委託研究眞野班講演会(仙台), 2019.9.21.

菊地正史、前川正充、塚本多矩、眞野成康
インソースCIDを利用したLC/ESI-MS/MSによる薬物一斉定量法構築への取り組み
第59回日本臨床化学会年次学術集会(仙台), 2019.9.27-29 (発表: 2019.9.28).

山口浩明、髙﨑新也、菊地正史、川崎芳英、伊藤明宏、眞野成康
経口がん分子標的薬の個別化投与設計に向けた取り組み
日本薬剤学会第34年会(富山), 2019.5.16-18 (発表: 2019.5.16).

小原拓
妊娠中の糖尿病治療薬の使用と 児の奇形・発育・発達との関連に関する研究
公益財団法人神澤医学研究振興財団 第21回講演会(東京), 2019.6.7.

小原拓
シンポジウム11 周産期領域における認定・専門薬剤師拡充を図るために「多忙な日常業務と学会発表・論文作成を両立させる方法 ~周産期領域の具体的な事例を交えて~」
日本病院薬剤師会 東北ブロック 第9回学術大会(秋田), 2019.6.1-2 (発表:2019.6.2).

小原拓
シンポジウム9 院内における副作用の収集・管理・報告の実践「薬剤師が自発報告すべき 副作用の基準と手順の明確化と報告の質向上に向けて」
日本病院薬剤師会 東北ブロック 第9回学術大会(秋田), 2019.6.1-2 (発表:2019.6.1).

小原拓
シンポジウム5 がん医療における安全対策の実践 ~副作用報告・RMP・JADERを活用した薬剤師による安全性監視活動~ 薬剤師が遵守すべき医薬品・医療機器等安全性情報報告制度に関する新ガイダンスについて
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019(札幌), 2019.3.23-24 (発表:2019.3.23).

小原拓
妊娠可能期の女性への妊孕性温存を考慮した情報提供
東北大学病院薬剤部周産期セミナー(仙台), 2019.3.13.

松崎 芙実子
周産期病棟における薬剤師業務
東北大学病院薬剤部周産期セミナー(仙台), 2019.3.13.

松崎芙実子、細野萌子、小山美菜、鈴木智尋、佐藤祐司、梶谷かおり、佐藤信一、埴田卓志、 小原拓、眞野成康
NICU・GCUにおける薬剤師の関わり
第21回新生児呼吸療法・モニタリングフォーラム(大町), 2019.2.14-16 (発表:2019.2.14).

小原拓、 栗山進一
小中学生におけるアトピー性皮膚炎の有病・重症度と精神的健康問題との関連
平成30年度脳とこころの研究 第四回公開シンポジウム(東京), 2019.3.2.

山口浩明、髙﨑新也、菊地正史、川崎芳英、荒井陽一、眞野成康
スニチニブのTDM普及に向けて
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019(札幌), 2019.3.23-24 (発表: 2019.3.24)

pageup